Share Christmas Spirit

一年で一番ワクワクする季節がやってくる!

街中がキラキラした空気に包まれるクリスマスは、一年に一度だけ訪れる特別なセレモニー。
家族や友達など、大切な人と温かい気持ちや笑顔を分かち合う幸福な時間です。北欧では1ヵ月も前から準備を始め、
その日を心待ちに過ごすのが一般的。大切な人とシェアしながら、ますます心踊るクリスマスを迎えましょう!

ツリーLL(ライト付き/店舗限定販売) ¥35,000、ブリキスノーマンS ¥600、レーザーカットツリーS ¥800、ぬいぐるみS ¥1,600 ※11月上旬発売予定

How to enjoy Christmas,from “SANTA CLAUS.”

長老サンタクロースの暮らす北欧には、私たちの知らないクリスマス文化がいっぱい。本場の習慣を知ることで、クリスマスはもっと特別なものへと変わります。日本でただひとりの公認サンタクロースが、正しい過ごし方を教えてくれました。

教えてくれたのは パラダイス山元 さん

1998年グリーンランド国際サンタクロース協会より、アジア地域初の公認サンタクロースに任命される。本当のクリスマスの定義、その楽しさを広めるために活動中。

Tidy up

サンタさんを迎えるために、部屋をお片付けしよう。

クリスマスにサンタさんを気持ちよく迎えるためには、
部屋のお片付けが欠かせません。
大切な儀式をすっかり済ませたら、きっと我が家にも
サンタさんが笑顔で訪れてくれるはず!

サンタさんがクリスマスイブの夜に訪れてくれた時、暗い部屋でおもちゃを踏んづけたり、転んだりしないように部屋をきれいに片付けておくのは、クリスマスの重要な儀式と言われています。クリスマスを機にお片付けの基本を子供に教えてあげましょう。

USBに繋ぐだけで温かな光を放つツリーは、昼と夜で違った表情を見せてくれるのも魅力のひとつ。その存在感がクリスマスの気分を盛り上げてくれます。ツリーLL(LEDライト付き/店舗限定販売)¥35,000、ぬいぐるみS ¥1,600 ※11月上旬発売予定、タペストリーM(LEDライト付き) ¥2,500 ※11月上旬発売予定、ブリキスノーマンS ¥600、レーザーカットツリーS ¥800

イラストを描いたり、お菓子やおもちゃを入れたりと、アドベントカレンダーには仕掛けを加えるのも楽しい。今回は日付を振った封筒をリースの下にぶら下げて、オリジナルカレンダーを手作り。簡単ながら華やかです。ハーフツリーLL(店舗限定販売) ¥23,000、リースL ¥3,500、ケーブルルームシューズ ¥2,400、スノードームTEA ¥450、ツリーBOXキャンディ ¥500、ハウスTEA ¥500

Advent Calendar

アドベントカレンダーを飾ってカウントダウンをしよう。

クリスマスまであと何日? クリスマス当日までのワクワクした気持ちを
高めてくれるアドベントカレンダーを手作りして、1日ずつめくっていきましょう!

アドベント(Advent)とは待降節とも言われ、クリスマス前の約4週間のことを表します。アドベントカレンダーの1から24、または25までの日付が振ってある紙や布を毎日ひとつずつ開けて、クリスマスを待つのが本場流です。せっかくなら自分だけのアイデアを巡らせて手作りするのがオススメ!

センスが反映される、マストアイテム。

クリスマスの到来が楽しみになるアドベントカレンダー。昨年のクリスマスに撮った写真を工夫して飾りつけたり、小さい人形やおもちゃをくくりつけたり、めくるのが楽しくなるような仕掛け、アイデアを考えてみましょう。ポケットにちょっと特別なお菓子を1個ずつ入れておくのも忘れずに。

Music

音楽を聞いて、クリスマス気分を盛り上げよう。

クリスマスムードを高める音楽を聞き、
世代を越えて愛されてきた名曲を親子で楽しもう。

クリスマス音楽のレコードはかわいいジャケットが多く、見た目にも楽しませてくれます。懐かしい音楽を聞いて、親たちが私たちを喜ばせようとどんな風にクリスマスを過ごしていたのか、思い出すのも幸せなひとときです。

両親と一緒に聞いた曲を今度は自分の子供と一緒に。愛情が繋がる家族時間は、やわらかなブランケットでますます温かく。フランスを代表するメーカー「Les Petites Maries」とコラボしたくまのぬいぐるみは、2サイズ(S・M)で展開。ブランケット(店舗限定販売)¥4,400、ぬいぐるみS ¥1,600 ※11月上旬発売予定、ケーブルルームシューズ ¥2,400

雪を纏ったツリーやタペストリーは、USBに繫げば温かな光を放ち、空間を優しく彩ります。壁にぴったりとくっつけられる半身タイプのツリーは、スペースを有効に使えます。タペストリー(LEDライト付き)¥6,000 ※11月上旬発売予定、レーザーカットリース ¥1,200、ハーフツリーL(店舗限定販売)¥11,000、スワッグ ¥2,000、ガラスLEDツリー ¥1,000、LEDトイランタン型 ¥1,700、壁面デコライトツリー型 ¥2,000、ブリキサンタM ¥1,200、ブランケットL(店舗限定販売) ¥4,400、ぬいぐるみS ¥1,600 ※11月上旬発売予定

Decorate brightly

ツリーで部屋を彩り、家族の絆を深めよう。

クリスマスは自宅で家族と過ごし、その絆を確かめ合うのが本来の過ごし方。
我が家ならではのカスタマイズで、楽しい時間をもっと特別なものに。

クリスマスツリーと言えばモミの木。
その理由は、古くからこの木が永遠の生命の象徴として信仰されていたから。ツリーにオーナメントを飾ることには、家族の絆と平和な暮らしに感謝し、にぎやかにクリスマスをお祝いするという意味が込められています。
光輝くツリーを飾れば、空間が華やぎ、家族みんなの心が温もりで包まれるでしょう。

いつものお部屋にそっと飾るだけで、クリスマスの訪れを感じさせてくれる小ぶりのツリーやスノードーム。小さな彩りに自然と気分が高まります。ツリーSS ¥2,800、スノードーム ¥1,200

長い冬の訪れを楽しみに変えよう。

リビングや子ども部屋からベランダやお手洗いまで、昨年購入したものも全部出して、家中ツリーだらけにしてしまうのが北欧スタイル。また、クリスマスが終わって、ツリーをすぐに片付けるのではなく、その余韻を楽しむように、年が明け春先まで飾りっぱなしでもいいんですよ。

クリスマスを楽しみにする気持ちを素直にサンタさんへ伝えるのが大切。デスク周りを彩る小さなツリーが、幸せなクリスマス準備も盛り上げてくれます。 LEDトイ ¥900

日本ではサンタさんから手紙が届くと思っている人も
多いようですが、もらうのではなく送るのが北欧の慣例。
1年間の想いを手紙に記しましょう。

1年間いい子にしていた子のもとにだけ訪れてくれるサンタさん。つまりクリスマスはプレゼントをもらうのが目的ではなく、サンタさんが来てくれたことに感謝をする日。そんなストーリーを子供に伝えながら、一緒にサンタさんへお手紙を書いてみては? イブの夜、枕元に置いておきましょう。

Cooking for SANTA CLAUS & REINDEER

サンタさんとトナカイに感謝の気持ちを伝えよう。

クリスマスイブの夜は、サンタさんの大好物のジンジャークッキーと
トナカイの大好物のニンジンを用意しましょう。親子で心を込めて
準備をすれば、ありがとうの気持ちがきっと伝わります。

みんなが寝静まったイブの夜に、こっそり訪れてプレゼントを届けてくれるサンタさん。感謝の気持ちを込めてジンジャークッキーを親子で一緒に手作りし、普段は“コケ”が主役のトナカイさんにはニンジンを用意しましょう。ホットミルクとお手紙を添えて枕元へ置いておくのが本場の伝統です。

今回のジンジャークッキーは、Afternoon Teaオリジナルのクッキーキットをアレンジしたレシピ。明治時代から続く、小松谷果樹園の秋田県産りんごを使ったドライアップルに、秋田杉で作ったリンゴ型がセットになったキットは、クリスマスのおもてなしの準備にもぴったりです。
From SANTA CLAUS
サンタさんへの想いが特別なおいしさに。

雪がちらつくイブの夜、一口かじると温まるジンジャークッキーはサンタさんの大好物。人型やドーナッツ型だったり、アーモンドやナッツを散りばめるなどその種類は様々。自慢のジンジャークッキーをつくれるよう何度もトライして、一番美味しく焼けたレシピは、ちゃんとメモして保管しておいてね。

Recipe

材料(約18枚分)

・りんごのクッキーキット
(クッキー粉ミックス100g、ドライアップル約20g入り)……1袋
・無塩バター……50g
・グラニュー糖……30g

A ・生姜すりおろし……小さじ1/2
 ・シナモン……小さじ1/4

〈作り方〉

  • 1バターを1cm角のさいの目に切り、室温に戻す。
  • 2クッキー粉ミックスに①を手で揉みながら、よく馴染ませる。
  • 3②にドライアップルとグラニュー糖、Aを加えて混ぜる。
  • 4押し型の上から3を詰めて、上から押してりんごの形に型抜きする。
  • 5160℃のオーブンで20分焼けば完成。
※キット以外の材料は別途ご用意が必要となります。

りんごのクッキーキット
¥1,500

北欧から届いたメッセージ。

Christmas from Matti Pikkujämsä

今回のクリスマスビジュアルや商品のイラストを描いてくれた、
イラストレーターのマッティ・ピックヤムサさん。
北欧の暮らしから生まれた作品について、その背景や思いを伺いました。

ショッピングバッグにも採用されているイラストは、マッティさんが暮らすフィンランドの景色から生まれました。雪深い森に囲まれた家から見る外の風景は、とても幻想的でクリスマス気分を盛り上げる存在。そのキラキラとした自然と家族との幸せな時間を温かみのあるイラストで表現してくれました。北欧のアトリエから発信される本場のクリスマスの魅力をぜひ感じ取ってみてください。

クリスマスの神秘を本場フィンランドからお届け!

今年のクリスマスアイテムは、フィンランド在住のマッティ・ピックヤムサさんによるオリジナルイラスト。本場フィンランドのクリスマスの風景を素敵に表現してくれました。
「子どもの頃からクリスマスは家族と過ごしていました。祖父母の家で過ごした時に、サンタクロースの膝の上に座り、ワクワクしながらプレゼントを待ち望んでいたことは今でも覚えています。本当は、叔父が扮したサンタクロースだってことに気付いていましたが、それを言ったらプレゼントがもらえなくなると思い長年その秘密を守っていましたね。私にとっても思い出深い家族と過ごすクリスマスを北欧の景色と共に描いています。私が住むフィンランド北部の風景をもとに、クリスマスの神秘的な雰囲気を表現しました。まるで魔法のように森に現れたクリスマスがイメージです。霧に覆われた神秘的な森を表現するために、金色の輝きも散りばめました。雪で作ったランタンや鳥のための餌台、オーツ麦の束やオーロラなど、日本では馴染みのない風景も北欧ならでは。少しミステリアスな夜のワクワク感を表現しています。もちろん、クリスマスの定番、雪の結晶やトナカイ、ウサギなど、いろんな要素も隠れています。見るたびに新しい気づきを楽しんでみてくださいね。」

フィンランドを拠点に活動するイラストレーター。大学在学中にイラストレーターとしての仕事をスタートさせ、現在はmarimekkoなどのテキスタイルデザイン、絵本や雑誌の挿絵、本の装幀も手掛ける。2013年、トーベ・ヤンソンも受賞した児童文学賞「ルドルフ・コイヴ賞」を受賞。

アイテムはこちら