思い出のアイテム

「カフェオレボウル」他

ディスプレイデザイナー・
スタイリスト
みつまともこさん

プロフィール
(株)サザビーリーグにてウィンドーディスプレイ・スタイリングを担当し、退社後フリーランスのディスプレイデザイナー・スタイリストとして活動。衣食住に関わるさまざまなジャンルのウィンドーディスプレイ・展示会の装飾などを手がける。また、書籍・雑誌・webでは、撮影のスタイリングを担当。様々な媒体でデコレーションアイデアを紹介する機会も多く、著書「暮らしの図鑑 ガラス」(翔泳社)を刊行し、好評を得ている。www.mitsumatomoko.com Instagram @mitsumatomoko



思い出のアイテム「カフェオレボウル」

エピソード
私が高校生の頃、横浜そごうのAfternoonTeaに立ち寄るのが楽しみでした。初めて出会う海外の雑貨に心躍らせていたのを覚えています。デュラレックスのグラスや、黒い皮のペンケース、カラフルなコームなど、、、全てがおしゃれでワクワクしました。

中でもお椀のような形のカフェオレボウルであたたかい飲み物をいただくことがとても新鮮で、このボウルが欲しい!と思って、誕生日に自分用に買ったのです。

このカフェオレボウルは、この30数年、暮らしを共にしてきた思い出の品です。



思い出のメニュー「マフィン」

エピソード
雑貨を見たあとにAfternoonTea TEAROOMに寄ってお茶をするのが定番コースでした。
店内のセンターに大きなずっしりとした木のテーブルがあり、その席がとても素敵に見えました。横浜そごうのAfternoonTea TEAROOMは向こう側に海が感じられ、開放的で特に好きなお店でした。マフィンに、ホイップとジャムをたっぷりつけていただくのがとても美味しかったです。


一言メッセージ

40周年おめでとうございます。
私に雑貨という楽しみを教えてくださったのがAfternoonTeaさんです。

暮らしにお気に入りの雑貨を取り入れて、気持ちよく過ごすこと。
ささやかなことに感じるけれど、それが積み重なれば人生を豊かに過ごすことができる、と
本当に思ったことが今まで何度もあります。

それが、私の今の仕事に確実につながっているのだと思います。貴重な出会いをありがとうございました。
そして、これからも人々と雑貨が出会う素敵な場所でいて欲しいと願っています。

◀ 一覧に戻る
おすすめエピソードを見る ▶
MENU

「クロックムッシュ」

料理家・フードスタイリスト
岡本ゆかこ さん

WORK

「2019-20winter 冬ギフトパッケージ」

イラストレーター/ペインター/テキスタイルデザイナー
安原ちひろさん