思い出のお仕事

「2014-15winter クリスマスパッケージ」

Sunui ~素縫い~
根岸麻子さん 冨沢恭子さん 白石陽子さん 片平晴奈さん

プロフィール
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科の同級生。2004年より sunui として活動をはじめる。旅をして得た素材とシルクスクリーンをベースに、1点もののバックやアクセサリーなどを制作。不定期に開催する展示会でやONLINE SHOPで販売している。
また手を動かしてグラフィックデザイン、WEBデザイン、ディスプレイなどを手がける。
ハナレグミ、Clammbonのライブグッズやステージ装飾なども行う。
グループ活動の他、布作家、アパレル・ディスプレイデザインなどそれぞれ活動中。
2010年 第一回 ほぼ日作品大賞受賞
2013年 トラネコボンボンOBOmansion をはじめる。
2016年 作品集カンカンバッチ( 棚books /西日本新聞社 )を出版



「2014-15winter クリスマスパッケージ」

イラストレーターではない私たちは、布やプリントした紙を切り貼りしてモチーフを作りました。素材のテクスチャーがイラストとは違う雰囲気になったらいいな、と思いながら。パッケージのアートワークはそれまでも経験したことがあったのですが、シリーズとして担当させていただくのは初めてでした。
私たちのアートワークがたくさんの種類のパッケージになり、POPやメニューにまで展開されていました。その世界がお店に広がっていて、感動したことを覚えています。
特に、自分たちのデザインが缶になったのは感動しました。クッキー缶、紅茶の缶、アメの缶。缶って夢があります。子供の頃、お気に入りのクッキー缶は宝物入れでした。自分がそうだったように、もしも今も誰かが、部屋の中で何かを入れるものとして使っていてくれたりしたら・・・そんなことを勝手に想像してドキドキしています。



一言メッセージ

40周年おめでとうございます。私たちとほぼ同世代なんですね。子供の頃、渋谷のパルコにあったティールームに母とよく行っていました。クロワッサンが美味しくて、楽しみで仕方ありませんでした。2個までね、と母に言われていたことを思い出します。たくさんのトキメキを本当にありがとうございました。
そしてこれからも、トキメキと新しい笑顔をどうぞよろしくお願いします。



◀ 一覧に戻る
おすすめエピソードを見る ▶
WORK

「2009-10Autumn 秋ギフトパッケージ」

アーティスト
Nathalie Lété
(ナタリー・レテ)さん

MENU

「クロックムッシュ」

料理家・フードスタイリスト
岡本ゆかこ さん