思い出のメニュー

「小エビのグリーンクリームソースパスタ」

K・Kさま

エピソード
このパスタは、私が初めてAfternoon Tea TEAROOMで食べたメニュー。高校2年生の保護者面談の帰りに「美味しいパスタのお店があるから、行こうよ」と、思春期真っ只中のセーラー服の私と母と2人で行きました。
当時の私が行くお店はファーストフード店のようなお店ばかりで、こんなに落ち着いた素敵なお店でご飯を食べたことはありませんでした。母は私が小さい頃から看護師として昼夜問わず働いていました。当時はそんな風に働く母親はとても珍しく、1人の人間として自立していた母を格好いいと尊敬しながらも、自分の将来の姿を描けず、毎日ただなんとなく、少し不機嫌に過ごしていた私。母も私とどんな風に付き合ったらよいか困っていたのでしょう。食べることが好きな私がきっと気に入るだろう、2人とも笑顔でお喋りが出来るだろう、そんな風な考えもあって連れていってくれたのだと思います。
母の予想は大当たり。美味しいご飯と紅茶、デザートを一緒に楽しみ、いつしか何でも話せる間柄になりました。そして休みが合えば、私とAfternoon Tea TEAROOMに行って楽しくお喋りすることが、2人の大切な習慣のようなものになりました。
いつも笑顔で「好きなものを頼みなさい」と言ってくれていた母も、昨年定年を迎え、私は結婚をしました。2人で過ごす時間は以前よりは減ってしまいましたが、今でも時間を見つけてはAfternoon Tea TEAROOMへ出掛け、美味しいご飯を食べながら近況を語り合うのが2人の大切な時間です。メニューの中の『小エビのグリーンソースパスタ』を見るたびに、そんな当時のことを思い出しては、母の優しさに包まれて幸せな気分に浸っています。そして今は定番のメニューから消えてしまい「あのパスタ、無くなっちゃったの少し寂しいね」と母との話題にあがるたび、母の記憶のなかにも私と同じように小エビのグリーンソースパスタが残っていることを嬉しく思いながらも、またこのメニューが復活してくれないかと願うのです。

◀ 一覧に戻る
おすすめエピソードを見る ▶
MENU

「スコーン」

H・Sさま
K・Yさま

MENU

「ホットのスイートフルーツティー」

M・Hさま