飲むことをもっと楽しむ、ボトル選び

2021.07.21
Afternoon Tea staff
Afternoon Tea staff
様々な生活のシーンを想定しながら作ったボトルやタンブラーの、機能、材質、デザインといった特長を説明する、バイヤー矢澤隆介さん。

隠れたいいもの、いいはなし

アフタヌーンティーがずっと大切にしてきた思い入れのある定番品やブランドを代表する象徴的なアイテム。それらが誕生するまでのエピソードとそこに込めた裏側のストーリーを綴ります。

Vol.18:ボトル&タンブラー

いつでもどこでも何気なく口にしているドリンクは、毎日の生活に欠かせません。だからこそ、もっと「飲むこと」にこだわったボトルやタンブラーがあってもいいのでは? そんな発想から生まれたのが、シーンや用途、気分に合わせて使い分けできる3つのボトルです。開発担当のバイヤー矢澤隆介さんがおすすめの使い方とともにご紹介します。

付属のデコレーションシールでお好みのデザインにカスタマイズするのも楽しみの一つ。カスタマイズボトル/デコレーションシール付き 180ml(グレー)¥1,980 350ml(グレー)¥3,080

自分だけのオリジナルにカスタマイズ

ステンレス地とカラフルなカラーがポイントの「カスタマイズボトル」は、普段使いに最適な350mlと、少し喉を潤したいとき、ちょっと近所の外出時にもバッグの中でかさばらないコンパクトな180mlをご用意。また、サイズ違いで二つの飲み口がついているので、冷たい飲み物はたっぷり、熱い飲み物は少しずつ、中身の温度によって使い分けできます。

カスタマイズボトル/デコレーションシール付き 180ml(ピンク、グレー)各 ¥1,980 350ml(ブルー、ホワイト)各 ¥3,080

カラーバリエーションは、ユニセックスに使えるホワイト、グレー、ピンク、ブルーの4種類。一見、シンプルなデザインですが、付属のシールで自分だけのオリジナルにカスタマイズすることができます。イニシャルはもちろん、家族やオフィスの同僚とのコミュニケーションにもなるような言葉を貼ってみたり、「THANK YOU」とメッセージを貼ってギフトにするのもおすすめ。剥がれにくく、剥がしたときに跡が残りにくい特殊なシールなので、デザインを変えたくなったら簡単に張り替えられます。

毎日の水分補給をサポートする軽量コンパクトなWATER BOTTLE。WATER BOTTLE 300ml (クリア、ブラウン) 各 ¥1,320 500ml(クリア、ブラウン) 各 ¥1,540

水好きが考えた「水が美しく映えるボトル」

「WATER BOTTLE」は、その名の通り、水のためにデザインされたボトルです。ガラスのような透明度の高いトライタンという素材を使用しているので、ボトルに水を入れると、光を反射してキラキラと輝きます。クリアカラーは、水だけでなく、フルーツウォーターやコールドプレスジュースなども、ドリンク本来の色を楽しむことができます。もう一つのブラウンカラーは、色の濃いコーヒーやお茶などを入れることを考えて作りました。使っていくうちにどうしても色が付着してしまいますが、ドリンクの種類によって使い分ければ長く愛用できます。

WATER BOTTLE 500ml(ブラウン)¥1,540

持ち運びしやすいハンドル付きなので、散歩やウォーキングに、ヨガやエクササイズなど、シーンに合わせて選べます。飲み口は広く、洗いやすいように設計しました。また、トライタンは耐衝撃性があり、割れにくく、傷も匂いもつきにくいため、衛生的に使い続けられるのが特長です。

カラーモバイルタンブラー 300ml(グレー)¥3,080

こだわりの機能とデザインが備わったタンブラー

そして、ステンレスとのカラーの組み合わせがスタイリッシュな「カラーモバイルタンブラー」。保冷・保温効果のある真空二重構造で、長時間おいしい飲み頃の温度を保つことができます。コーヒーなどのドリンクを注ぎ、密閉性の高いスクリュー式の蓋をしめれば、持ち運ぶときにもドリンクがこぼれず安心。

さらに市販のプラカップがそのまま入るサイズに設計し、コンビニやコーヒーショップで購入した冷たいドリンクをカップのままセットすることができます。カップの水滴から守ってくれるので、デスク周りの書類やパソコンを濡らしてしまう心配もいりません。

カラーモバイルタンブラー 300ml(グレー、イエロー、ピンク、ブルー)各 ¥3,080

こうした優れた機能面に加え、もう一つのこだわりがスタイリッシュなデザインに隠されています。ステンレスの本体にホワイトと柔らかなグレー、ピンク、イエロー、ブルーを組み合わせたカラーリングがポイントですが、実は傾斜のついた側面に2つの色を真っ直ぐ平行にペイントを施すのは技術的にとても難しいのだそう。そこを、あえてインクジェットプリントを採用することで実現。シンプルだからこそ、ディテールまでこだわりたいというバイヤーの思いが詰まっています。

普段の暮らしや仕事の合間に、ほとんど無意識に飲んでいるドリンクも、ボトルやタンブラー一つで、もっとおいしく楽しめるはずです。



※写真撮影時以外はマスクを着用し、十分な距離を保ち安全に考慮しております。








この記事を書いた人
Afternoon Tea staff
Afternoon Tea staff

なんでもない一日が、心地よい刺激で満たされる、ふっと楽しくなってくる。 私たちが大切にしているものは、そんな日常のなかのこころのゆとりです。 夢を感じる商品やメニュー、気持ちの通いあうサービス、くつろぎの時間と空間。 そのひとつひとつが、お客さまのシアワセのきっかけとなりますように。

Recommend おすすめの記事はこちら