人間の肌に近いシルクで夏の冷房対策に

2021.07.09
Afternoon Tea staff
Afternoon Tea staff
シルク商品を展開するブランド「絹屋」とコラボレーションした夏の温活アイテム「サマーナイトルーティーン」シリーズ。

隠れたいいもの、いいはなし

アフタヌーンティーがずっと大切にしてきた思い入れのある定番品やブランドを代表する象徴的なアイテム。それらが誕生するまでのエピソードとそこに込めた裏側のストーリーを綴ります。

Vol.17:サマーナイトルーティーン

真夏の寝苦しい夜が続く日は、熱中症予防のためにも冷房が欠かせません。暑さや湿度から解放してくれる冷房ですが、肌が乾燥してしまったり、暑がりの家族に合わせた設定温度ですっかり体が冷えてしまうなんてことも。そんな夏の冷え対策にぴったりの快適なシルクシリーズが登場しました。


日本の丁寧なものづくりを毎日の生活に取り入れる

天然素材のシルクには、ほどよい保温性があり、通気性と吸水性にも優れています。温かく肌にも優しいことから、これまでアフタヌーンティーでは、秋冬向けのアイテムに使用することが多い素材でしたが、冷房による冷えが気になる暑い季節にもぴったりの機能性をもち合わせています。そこで、シルクの冷えとりアイテムで人気の「絹屋」とコラボレーションし、夏にからだをケアするアイテムを開発しました。

シルクは化学繊維に比べて弱くて切れやすいので、編みにくいと言われています。同じ機械の設定でも湿気や気温によって、仕上がり方が違うので、そこを熟練の職人さんが毎日機械の様子をうかがいながら、調整を重ねています。

「絹屋」といえば、メイド・イン・ジャパンにこだわり、丁寧なものづくりをする日本の工場で全ての商品を生産しています。現在、日本の生産の現場は、安価な海外商品の流入や後継者不足の問題により、厳しい状態が続いています。そんな状況の中、「絹屋」は、日本の工場が長年培ってきた高い技術を、もっと世の中に広め、復興や発展につなげたいと、日本製のクオリティの高い製品を生み出してきました。いいものを作って使う人に喜んでもらいながら、日本を元気にしたい。その思いにアフタヌーンティーも共鳴して、これまでも一緒に商品開発に取り組んできました。

絹屋/2足重ね履きソックス(ピンク)¥2,530

首元、手首、足首。「首」を守って冷えをとる

今回の「サマーナイトルーティーン」は、真夏の冷房による冷えから、からだをやさしくケアするアイテムを集めたシリーズです。まず、冷えとり(※)の基本は、首元、手首、足首の3つの「首」を温めること。夏は比較的、日差しで上半身は温まりやすいのですが、その反面、冷房の冷気が下に溜まり、足元は冷えやすくなります。このアンバランスを解消するために、足元を温めることが重要です。※上半身と下半身の体温の差を小さくすることを冷え取りといいます。

シルクと綿の2足重ね履きソックスは、はじめに、シルク100%の薄手の5本指ソックスを履きます。履き心地がよく、指の間の汗もしっかり吸い取ります。その上に綿100%の先丸ソックスを重ねます。絹と綿の組み合わせは、夏でも蒸れにくいので、快適に冷えから守ってくれます。本来、冷えとりの靴下重ね履きは4枚重ねをすることが多いですが、重ね履きが初めての方も2枚重ねなら手軽に始められるのでおすすめです。

絹屋/内側シルクレッグ&アームウォーマー(ピンク)¥1,980

もうひとつ、足元と、半袖を着る季節に冷えやすい腕の両方に使える、レッグ&アームウォーマー。肌に触れる内側にはなめらかなシルク、外側はシャリ感のある強撚コットンを使用しました。日中のオフィスではアームウォーマーとして、夜は自宅でレッグウォーマーとして使用することができます。ゆるやかに脚や腕を包むサイズなので、長時間着用しても締め付け感はありません。クリーム色と優しいピンクのコンビネーションはアフタヌーンティーのオリジナルカラーです。さらに、レッグウォーマーとして使用したときに、合わせて履きたいショートソックスは、内側はシルク、外側はコットンの二重編み。肌触りがよく、ふんわりとしたクッションで足を包みます。

絹屋/99%シルクフェイス&ネックマスク(ピンク)¥2,640

また、夏の夜に多いお悩みが、冷房で喉が乾燥すること。それを防ぐのがフェイス&ネックマスクです。筒状に編み込んだマスクの上部に、耳に掛けられる穴が空いており、鼻や口元から首まですっぽり。長めにデザインしているので首元もしっかり保温し、就寝中の乾燥や冷えを防ぎます。肌に優しい薄手のシルクだから、就寝中の息苦しさもなく、耳も痛くなりません。

絹屋/100%シルクグローブ(ピンク)¥1,320

肌に優しいシルクで、冷えとりと同時にハンドケア

一番人気のシルクグローブは体の末端を温めて、ハンドケアもできる優れもの。夜、お風呂上がりにハンドクリームをたっぷり塗って、その上からシルク100%の手袋を着けます。締め付け感がないため、そのまま就寝しても睡眠の邪魔をしません。翌朝起きると、手はしっとり。冷えを予防しながら、ハンドケアも同時に行うことができます。

絹屋/95%シルクリブ腹巻き(ピンク)¥2,750

夏はつい冷たい食べ物や飲み物をとり過ぎて、体の芯から冷えてしまいがちです。そういうときには、冷えとりの基本、リブ腹巻の出番。シルク95%で肌触りがとてもなめらかで心地よい上に、適度に薄手なので、日中は洋服の下に着けても目立たず、しっかり冷えから守ります。日中と夜間、いつでも使える腹巻です。

夏だからこそ、冷えをとり、蒸れにくく、長時間着けていても心地よいものがいい。全てのアイテムは、シルク糸の細さや捻り方、素材の配合や編み方など「絹屋」の確かな品質による温かさと快適さが備わっています。アフタヌーンティーの「サマーナイトルーティーン」シリーズで、日中から夜まで冷え知らずの健やかな夏を過ごしましょう。


※写真撮影時以外はマスクを着用し、十分な距離を保ち安全に考慮しております。




この記事を書いた人
Afternoon Tea staff
Afternoon Tea staff

なんでもない一日が、心地よい刺激で満たされる、ふっと楽しくなってくる。 私たちが大切にしているものは、そんな日常のなかのこころのゆとりです。 夢を感じる商品やメニュー、気持ちの通いあうサービス、くつろぎの時間と空間。 そのひとつひとつが、お客さまのシアワセのきっかけとなりますように。

Recommend おすすめの記事はこちら