今日の笑顔を支える、あの人の舞台裏。「ヨガインストラクター シュミッツ茂仁香さん&恵利香さん姉妹」

2021.06.01
Afternoon Tea staff
Afternoon Tea staff

日本のあちこちで、今日も自分だけの「表舞台」に立つ人々。
つむぐ物語はひとそれぞれ違うけれど、
どの舞台も美しく輝いて見えるのは、「舞台裏」での人知れぬ努力があるから。
いつでもどんな時でも手軽に涼やかな風を感じられる、FANは輝く人の味方です。


ヨガインストラクター
シュミッツ茂仁香さん&恵利香さん姉妹

ヨガ講師として有名な母の影響もありヨガインストラクターとして活動する双子姉妹。
幼少期から親しんだリアルなヨガの体験を人のため、心身の健康のために伝えることに喜びを感じている。

――お仕事をする上で一番大切にしていることはなんですか

茂仁香:レッスンを体験してくれる人により気持ち良さを感じてほしい。それがきっかけでヨガが日常になり、ポジティブな変化が起こると嬉しいので、そういう風に感じられる教え方を心がけています。

恵利香:ヨガを何歳になってもできるし、身体が軽やかになるもの。ヨガの魅力を伝えつつ、自身の改善を実感してもらえるように努力しています。

――やりがいを感じる瞬間は?

ヨガで肩こりが改善された、マインドがポジティブになった、心身が軽くなった、人間関係が良くなったなど、体験した人に良い変化が生まれた時にやりがいを感じます。人生でヨガがいつも身近にあり、年齢とともにその良さを体感してきた私たちだからこそ、ヨガを伝えていかなければいけないという使命感も感じています。

――自分のリフレッシュ方法は?

茂仁香:たくさんあります。ダンスをしている時もリフレッシュできるし、好きなスケートボードを滑っている時や、音楽を聴いたりすることも気分転換になります。新体操と陸上の選手だったこともあり、朝の運動も好き。今日も朝から走ってきました。

恵利香:私もダンスが好きで、音楽フェスは10代から通うほど。踊ったり、音楽を聴くだけでリフレッシュできますね。風景写真を撮るのも好きです。

――お仕事をしていく上で将来の目標やチャレンジしていきたいことはありますか。

茂仁香:ヨガ、ダンス、モデル。すべての仕事において、多くの方に共有できるように頑張りたいと思っています。ダンサーとして舞台のお仕事もさせていただいているのですが、国内でも海外でも感動を与えられるような表現者になりたい。ヨガでも感動をシェアしたいと思っています。

恵利香:ヨガは生活を豊かにしてくれるもの。いろんな人にその魅力を知ってもらえるように頑張りたいと思います。

――ハンズフリーファンを使ってみた感想を教えてください。

茂仁香:爽快感が凄かったです。暑い日に野外のワークヨガを担当することも多いので、イベント前に使いたいですね。会場までの移動時にも活躍しそうです。普段はヨガのレッスン後にダンスの稽古へ向かうこともあるので、ヨガのあとにハンズフリーファンでリフレッシュしたい。ダンス稽古中の汗も軽減してくれるから、欲しいです!

恵利香:見た目以上に軽いので、ずっと身につけていられる。顔全体を涼しくしてくれるので、夏も快適です。仕事の出番待ちもこれがあれば助かります。スタジオに籠る時にも良さそう。

ハンズフリーダブルファン 各¥3,960

――この仕事においての「舞台裏」とはなんですか?

プロとして人前でアウトプットするためには、日々の練習や勉強は欠かせません。それが舞台裏ですね。専門知識も膨大なので、毎日本も読んでいます。とにかく毎日練習と勉強の連続です。


Photo: Kento Mori
Text: Akemi Kan


※写真撮影時以外はマスクを着用し、十分な距離を保ち安全に考慮しております。



シュミッツ茂仁香

幼少期からモデル、新体操、ヨガを始め、高校から陸上に転向。アスリート人生において、集中力を高め、メンタルを整えるヨガの効果を実感。現在はヨガインストラクター、ダンサー、モデル、DJなどマルチに活動中。https://www.instagram.com/monitzworld/


シュミッツ恵利香

幼少期にモデル、新体操、ヨガを始める。 新体操で全日本大会優勝などの結果を残す。その後ダンサーに転向し、LAカーニバルなどに出演。現在はヨガインストラクター、モデルとして活動する。





この記事を書いた人
Afternoon Tea staff
Afternoon Tea staff

なんでもない一日が、心地よい刺激で満たされる、ふっと楽しくなってくる。 私たちが大切にしているものは、そんな日常のなかのこころのゆとりです。 夢を感じる商品やメニュー、気持ちの通いあうサービス、くつろぎの時間と空間。 そのひとつひとつが、お客さまのシアワセのきっかけとなりますように。

Recommend おすすめの記事はこちら