暮らしの中で長く愛されるスタンダードを目指して

2020.10.01
Afternoon Tea staff
Afternoon Tea staff

隠れたいいもの、いいはなし

アフタヌーンティーがずっと大切にしてきた思い入れのある定番品やブランドを代表する象徴的なアイテム。それらが誕生するまでのエピソードとそこに込めた裏側のストーリーを綴ります。

vol.4 「LOGO WORKS」シリーズ

おうちだけでなくオフィス、アウトドアにも重宝するステンレス真空二重構造で保温・保冷も抜群なフタ付きステンレスマグカップ
おうちだけでなくオフィス、アウトドアにも重宝するステンレス真空二重構造で保温・保冷も抜群。フタ付きステンレスマグカップ¥2,640

暮らしの中で長く愛されるスタンダードを目指して

2020年、アフタヌーンティーの新たな定番「LOGO WORKS(ロゴワークス)」シリーズが仲間入りしました。アフタヌーンティーでは、ヨーロッパのデザインを基調としたエレガントなデザインも人気ですが、より今の時代に沿った定番とは何かを考えました。そこで行き着いたのは、毎日使うものだからこそ、シンプルかつユニセックスで使い心地がよく、流行に関係なく長く愛用できるもの、というコンセプトです。

誰にでも幅広く使ってもらえるように、どんなインテリアともしっくり馴染む優しいホワイトと、ベージュのようなグレーを基調にしています。シーズンごとに登場する新色とも相性がいいベーシックなカラーです。そして、「AFTERNOONTEA」のロゴは直線を生かしたモダンなフォントに。文字の太さ、サイズ、間隔まで細かく調整して、ベストなバランスのグラフィックに仕上げました。ただし、このシリーズの主役は、あくまでプロダクト自体の機能性やその上で必要な形とデザインなので、ロゴは主張しすぎず、一体感を大切にしています。

「LOGO WORKS」のコンセプトを製品を手に取りながら説明するバイヤー矢澤隆介さんとデザイナー大木明子さん
「LOGO WORKS」のコンセプトを製品を手に取りながら説明するバイヤー矢澤隆介さんとデザイナー大木明子さん。

機能性と品質を一番に考えたグッドデザインな自信作が集結

「LOGO WORKS」が一番こだわったのは、使う人の心地よさ。ひとり暮らしのかたや新しいファミリーが揃えるキッチン&ダイニングアイテムとして、また、普段の暮らしに添えるアイテムのひとつとして、必要なことは何だろうと、「原点」に戻り考えました。その結果、機能性とクオリティをより重視した、シンプルで使いやすいシリーズに仕上がりました。その自信は、アイテムごとに付けられたプロダクトナンバーと、特徴を明記したタグにも現れています。

持ちやすいハンドルと、コーヒーの香りを引き立てるフォルムが秀逸なマグカップの画像
持ちやすいハンドルと、コーヒーの香りを引き立てるフォルムが秀逸。マグカップ(220ml)各¥1,320 プレート、トレイ 私物

おうちでのティータイムにも料理にも。使いやすさとおいしさへのこだわり

例えば、アフタヌーンティーの代名詞でもある紅茶を愉しむために欠かせない、「茶こし付きティーポット」には、No.19が付けられています。紅茶をおいしく淹れるための、茶葉のジャンピングを促す底の丸みと突起はもちろん、持ちやすいハンドル、洗いやすくて便利な広めの口径、周りに子どもやペットがいても安心して使えるように安定性も重視。本体の磁器は美濃、茶こしは金属加工の街・新潟県燕三条市で作り、産地にもこだわりました。

マグカップの素材感、質感、ロゴのフォントを移した画像
機能はもちろん、手に取った時の肌触りやマットな質感、香りを味わうのに適したフォルム、ロゴのフォントや配置のバランスなど細部まで追求しています。

そして、No.17、18は2つの「マグカップ」。前者は、一般的なティーバッグ1包分におすすめのサイズで、紅茶の香りがふわりと広がるように口径はやや大きめです。後者は、コーヒーのドリップバッグの適量を考慮した容量や、内側に少しだけ閉じた口径でカップの中に香りをとどめ、コーヒーのおいしさを引き立ててくれます。

蓋裏の突起で無水調理も可能で持ち手部分には取り外し可能なシリコーン付きロゴ柄エンボスココット鍋とサラダや作り置き総菜にもおすすめのサークルランチボックスの画像
蓋裏の突起で無水調理も可能。持ち手部分には取り外し可能なシリコーン付き。ロゴ柄エンボスココット鍋  20cm  ¥6,600  スチーマー  20cm   ¥1,980   右:サラダや作り置き総菜にもおすすめのサークルランチボックス。容量に応じた2サイズセット。サークルランチボックス2個セット(ホワイト/グレイ) 各¥1,540

そのこだわりは調理器具にも。No.44の「スチーマー」は「エンボスココット鍋」と組み合わせて、手軽に蒸し料理を作ることができます。ココット鍋と同様に、アルミ製で軽くて扱いやすい上に、材料がこびりつきにくいフッ素加工なのでお手入れも簡単。この2つのセットで料理の幅がぐんと広がります。

No.02は、スマートなデザインと高機能で人気のKINTOのトラベルタンブラーの別注色モデル。真空二重構造による保温保冷効果。表面は傷がつきにくく耐久性の高いステンレス素材。KINTO/ステンレスボトル ¥3,080

いつでもどこでも使ってほしい暮らしのシーンに寄り添うラインナップ

「LOGO WORKS」は、オフィスやリモートワークでの使い勝手も追求しました。No.26の「フタ付ステンレスマグカップ」には、仕事中いつでもおいしいドリンクを楽しめる工夫が詰まっています。ステンレス真空二重構造で保温・保冷に優れ、オフィスでのコーヒー事情をリサーチし、コーヒーメーカーにもぴったり収まりやすいサイズに仕上げました。蓋が透明のため、中身を確認しながら飲むことができます。しかも便利な目盛り付き。また飲み口の付いた蓋は簡単に取り外すことができるようにツマミが付いているので、女性のネイルも傷めません。

オフィス、学校、行楽にも活躍してくれるランチグッズ(ランチボックス、ランチベルト、スープジャー、アルミポーチ、ランチクロス、お箸)の画像
オフィス、学校、行楽にも活躍してくれるランチグッズ。2点ロック式ランチボックス ¥2,200  ランチベルト ¥495 コンパクトスープジャー ¥3,080 アルミポーチ ¥1,320  ランチクロス ¥990 シリコーンケース付きランチ箸 ¥990

NO.5の「2点ロック式ランチボックス」は、お弁当の困りごと、汁もれ対策を徹底しました。シリコーンパッキンの位置を見直し、中蓋と外蓋で二重にガード。バッグの中でも邪魔にならないコンパクトな形状なのに、容量はたっぷり500ml。シンプルな構造だから洗いやすくお手入れも簡単です。その上、電子レンジに対応するプラスチック素材でありながら、表面は石川県の山中塗りを採用。年齢や性別を問わず使ってもらえるよう、マットで上品な質感に仕上げました。

外出先でもおうち時間でも少し喉を潤したい時に活躍してくれるコンパクトサイズのペンシルボトルの画像
外出先でもおうち時間でも少し喉を潤したい時に活躍してくれるコンパクトサイズ。ステンレス製魔法瓶構造なので保温・保冷力にも優れています。ペンシルボトル¥1,650

アフタヌーンティーの新たなエッセンスが詰まった「LOGO WORKS」シリーズのこだわり。機能性、品質、デザインのどれをとっても選りすぐりの精鋭プロダクトが揃っています。アフタヌーンティーが自信を持ってお届けする新定番「LOGO WORKS」が、みんなの暮らしの中の定番となりますように。

※写真撮影時以外はマスクを着用し、十分な距離を保ち安全に考慮しております。

この記事を書いた人
Afternoon Tea staff
Afternoon Tea staff

なんでもない一日が、心地よい刺激で満たされる、ふっと楽しくなってくる。 私たちが大切にしているものは、そんな日常のなかのこころのゆとりです。 夢を感じる商品やメニュー、気持ちの通いあうサービス、くつろぎの時間と空間。 そのひとつひとつが、お客さまのシアワセのきっかけとなりますように。

Recommend おすすめの記事はこちら