地球への想いを大切に。 できることから始めるアクション

2020.09.10
Afternoon Tea staff
Afternoon Tea staff
エコバックのアイキャッチ画像

隠れたいいもの、いいはなし

アフタヌーンティーがずっと大切にしてきた思い入れのある定番品やブランドを代表する象徴的なアイテム。それらが誕生するまでのエピソードとそこに込めた裏側のストーリーを綴ります。

vol.2 エコバッグ「CHERISH PALE BLUE DOT」

ペットボトルを再利用したリサイクル素材を用いたエコバックの画像
環境を配慮したペットボトルを再利用したリサイクル素材を用いたエコバッグ。1枚購入につき5円が森林保全団体「more trees」に寄付されます。

地球への想いを大切に。 できることから始めるアクション

アフタヌーンティーでは、2008年より環境に対して様々な取り組みを行ってきました。そのひとつが「ノーラッピング運動」です。全国のアフタヌーンティーの店舗で、ご自宅用のアイテムをお買い物したお客様に簡易包装にご協力いただくと、一回につき5円を森林保全団体「more trees」に寄付するというもので、お買い物の時間を有意義なものにしていただきたいという思いから活動をスタートしました。

生活の中の身近なところから森林保全について考えるきっかけになればと、10年以上続いたノーラッピング運動ですが、2020年3月に終了して6月からは新しくサステイナビリティを意識したプロジェクト開始とともに、エコバッグ「CHERISH PALE BLUE DOT(チェリッシュ・ペール・ブルー・ドット)」が誕生しました。

恋する地球をいつまでも守れますようにという思いで表現されたエコバック(ベージュ、ホワイト、ピンク)の画像
恋する地球をいつまでも守れますようにという思いをシンプルなグラフィックで表現。エコバッグ「CHERISH PALE BLUE DOT」。ベージュ Mサイズ(幅29.5 高さ34.5 持ち手長さ30cm)¥1,100 ホワイト・ピンク Sサイズ(幅25.5 高さ30 持ち手長さ25cm) ¥880

「CHERISH(チェリッシュ)」とは「愛情を込めて大切にする」という意味の言葉。宇宙からみた小さな水色のドットである地球を「PALE BLUE DOT」と表現して、愛する地球をいつまでも守れるようにという願いを込めています。

これまでもショッピングバッグは販売していましたが、今回はバッグの素材にもこだわり、ペットボトルをリサイクルしたポリエステルを使用。バッグを購入すると1枚につき5円が「more trees」に寄付され、森づくりに役立てられます。

エコバックの商品開発を手掛けたデザイナーとバイヤーさんの画像
エコバッグ「CHERISH PALE BLUE DOT」の商品開発を手がけたデザイナー家次裕美子さん(左)とバイヤー水掫(もんどり)景子さん(右)。

デザインと機能性にこだわった誰もが使えるエコバッグ

バッグ本体は、「CHERISH PALE BLUE DOT」をシンプルなグラフィックであしらい、女性だけでなく男性も使えるよう、持つ人を選ばないデザインを意識しました。裏面に地球への想いを込めたメッセージをさりげなくプリント。

そして、実は機能性も高く、コンビニでお弁当を買っても安定するように底のマチは広く取り、2Lのペットボトルを5本運ぶことができる耐荷重は10kg。バッグのサイズはS・Mの2種類ですが、開発時に100種類以上のレジ袋を集めて、コンビニでのちょっとしたお買い物や、スーパーでのまとめ買いに便利なサイズを導き出しました。

エコバックを内側ポケットに小さく折り畳んで収納している様子の画像
使わないときは小さく折り畳んで伸縮性のある内側ポケットに収納できるので携帯にも便利。

また、バッグの内側に連結された収納ポーチを付属。伸縮性があるのできれいに折り畳まなくてもしっかり収納できるという細やかな工夫もされています。カラビナ付きだから普段使いのバッグや身の回りの品に取り付けておけば、急なお買い物にもうっかり忘れてしまったなんて心配もいりません。

高知県梼原町にあるmore treesの森の画像
高知県 梼原町「more treesの森」©️more trees

more treesとの活動が日々の生活に気づきを与えてくれる

アフタヌーンティーが長年協業している「more trees(モア・トゥリーズ)」とは、音楽家・坂本龍一氏が代表を務める団体で、地域と協働した森林保全や、国産材を活用した商品やサービスの企画・開発、森を知るワークショップやセミナーなど、「都市と森をつなぐ」をキーワードにさまざまな活動を行っています。

アフタヌーンティーでは、ノーラッピング運動に加え、お客様が森や木のすばらしさに直接触れ、森のぬくもりや大切さにより深く向き合える機会を提供したいという思いから、親子で楽しみながら学べる木のオルゴールハウスやスプーンづくりなどのワークショップを実施しました。他にも、木のクリスマスオーナメントのプレゼント、様々なキャンペーンを通じて「more trees」とコラボレートしています。

2019年夏に開催したmore treesの『木製オルゴールハウスづくり』ワークショップで参加されたお子様が制作された家の形をしたオルゴールの画像
2019年夏に開催したmore treesの『木製オルゴールハウスづくり』ワークショップで参加されたお子様が制作された作品。

「2019年の夏に、東京・大阪・愛知の3店舗で開催した『木製オルゴールハウスづくり』のワークショップでは、日本の国土の7割が森林であること、戦後に植林されたスギやヒノキをメンテナンスし、国産の木材をきちんと使用することが必要だという森の現状についてお伝えした後、大分県の『more treesの森』のスギ材を使ったオルゴールづくりを楽しんでいただきました。木の香りやぬくもりに触れた親子からは、『森について学ぶ時間が印象的だった』『夏休みの自由研究の参考になった』と、大きな反響がありました」とmore trees事務局長の水谷伸吉さんは話してくれました。

大分県日田市の山並みの画像
大分県日田市の山並み ©️more trees

森や木の大切さを知ることが気持ちいい暮らしへの第一歩に

「林業が衰退し、手入れが行き届かず元気を失った森には、間伐などの適切な森林整備を行い、スギやヒノキなど単一樹種に偏っていた人工森には、その土地に適した様々な樹種を植林し、多様性のある森に更新する活動も行っています。また海外では、たくさんの動物たちの住処である熱帯雨林が、木材利用のための伐採や野焼きが引き起こす森林火災のために、年々減少しています。火災防止のインフラ整備や、在来種に加え果樹を植えたり、グリーンツーリズムを展開したりと、多面的に森林保全に取り組んでいます」(more trees事務局長 水谷さん)

容量たっぷりの「CHERISH PALE BLUE DOT」エコバッグの画像
容量たっぷりで毎日のお買い物にも使いやすい「CHERISH PALE BLUE DOT」エコバッグ Mサイズ ブルー ¥1,100

お買い物をする楽しみの一部を地球のために。「CHERISH PALE BLUE DOT」のエコバッグを購入することで森の保全に役立ち、エコバッグを使うことで環境問題への取り組みに参加する。お客様一人一人のご協力によって、アフタヌーンティーが寄付したお金は、「more trees」を通じて、日本全国、そして海外の森林のために使われています。

森の大切さや木のぬくもりを知ることで、自分自身の生活をより大事にし、丁寧で気持ちのいい暮らしをしたいと考えるきっかけとなっていれば嬉しいです。

※写真撮影時以外はマスクを着用し、十分な距離を保ち安全に考慮しております。

この記事を書いた人
Afternoon Tea staff
Afternoon Tea staff

なんでもない一日が、心地よい刺激で満たされる、ふっと楽しくなってくる。 私たちが大切にしているものは、そんな日常のなかのこころのゆとりです。 夢を感じる商品やメニュー、気持ちの通いあうサービス、くつろぎの時間と空間。 そのひとつひとつが、お客さまのシアワセのきっかけとなりますように。

Recommend おすすめの記事はこちら